子育てを楽しむために、お父さんの「行動」が必要!

みなさんは日ごろ子育てにどれぐらいストレスを感じていますか?

 

わが家には5歳と1歳の娘がいます。子どもと一緒に過ごしていると「自分のペースでできない、家のことをする時間が取れない」のがなかなか辛くストレスを感じてしまいますね。ショッピングセンターに行っても自分のものを見る時間はほとんどなく、子どもとどのお菓子を買うかの相談に多くの時間が割かれていますwobbly(笑)

 

たまに子どもと過ごすだけの私ですらストレスを感じてしまうのに、世の中のお母さん達は本当にすごい!頭が下がります。

 

「イクメン」なんていう言葉があるように、一昔前に比べて子育てに参加するお父さんは増えつつあるようです。しかし、増えたといっても日本のお父さんが家事・育児を行っている時間は欧米諸国に比べるとまだまだ少なく、1/3程度のようです。

 

また、家事育児を全くしないお父さんは、専業主婦家庭では9割程度、そして驚くことに、共働き家庭でもその割合は大きく変わらず8割程度となっています。いやー驚きですね。sweat01共働きなのに、家事・育児はすべて母親がやっている家庭がまだまだ多いのですね。

 

私がそんなご家庭のお父さんにお勧めしたいこと。それはお父さんの「行動」です。逆に「行動」以外では何かを変えることはできません。

 

私は、妻が次女の妊娠をした時に、洗濯物を干す、お風呂を洗う、子どもを幼稚園に送っていくといったことをするようになりました。家事が苦手なお父さんも多いと思いますが、小さなことでも、たとえ1日だけでもよいと思います。ぜひ行動してみてください。うまくいかなくても当たり前です、やっているうちに上達しますよ。

一番良くないのは何もしないことです。1日だけでも行動した人は1日もしなかった人より価値があるのです。

 

お父さんが家事をした時間分だけ、お母さんに余裕が生まれます。その余裕こそが子育てのストレスを減らし、子育てを夫婦で楽しむキーなのだと思います。ぜひ男性の皆さんも自分のできる小さなことから始めてみましょう。

 

Author:奈良県こども・女性局女性活躍推進課 塚本 功

5歳と1歳の女の子のパパ。
家事・育児・仕事をまんべんなくやっています(^_^)v

  • 奈良県の子ども・家庭に関するポータルサイト 子育てネットなら