「仕事」と「子育て」をもっと楽しく!

私には、1歳8カ月の息子がいます。妻は育児休暇中で、育児・家事全般を任せっきりな状態です。こんな私が「子育てコラム」を書くのはどうかと思いましたが、今回は「仕事と子育ての両立」をテーマに書きたいと思います。


弊社は、女性比率が非常に高い会社です。出版・メディア業ということもあり、女性ならではの感性やトレンドへの意識の高さ等、女性が活躍できる場を提供していきたいsign01そんな想いで女性を積極的に採用しています。

女性の「結婚」「出産」、そして「子育て」。弊社でも、出産を経て、子育てをしながら働いてくれるスタッフがいます。彼女たちは、「時間の制限」があるなか、一生懸命前向きに仕事に取り組んでくれる姿勢に、いつも頭が下がる想いです。

そんな彼女たちが、これからも社会との接点を持ち、社会へ貢献し、自分だからできるsign01と、仕事を通して成長して欲しいと願うばかりです。


仕事には、「will」「must」「can」が存在すると思います。

「must」=やらなければならない仕事、役割

「will」=自分がやりたいこと、やっていて楽しい

「can」=できること

仕事をしている以上、「must」は必ずあります。日々やらなければならないことがたくさんあり、時間に追われ、子育てとの両立に悩む母親も多いかと思います。だからこそ「will」を大切にしていただきたい。「must=やらなければならない」の上に「will=やりたいこと」をのせることができればどうでしょうか?きっと日々充実してくるはずです。そうなると、気持ちも安定していくことになるでしょう。そんな日々の中で、「can=できること」が増えてくれば、限られた時間の中で、最大限の成果を生み出すことができるはずです。

そうなれば、子どもや家族との時間をきっちりとれたり、気持ち的にも楽になれたりするのではないでしょうか。

そんな輝いている母親shineを見ると、子どもにもきっとプラスの影響があるはずです。

会社は労働の対価として給料を払う、だけでなく、そういった「will」「must

」「can」をうまく組み合わせれる環境を提供する役割を担っていると思います。

 

「仕事」「子育て」が楽しいことになることを願って。confidentclover

Author:株式会社エヌ・アイ・プランニング 山下雅央

奈良県こども・子育て応援県民会議委員。
株式会社エヌ・アイ・プランニング編集長。
最近はまっていることは息子とおでかけすることです。

  • 奈良県の子ども・家庭に関するポータルサイト 子育てネットなら