魔法のことば?

先日、ある子育ての講演会で「子どもの自信を育む“あげママ”になる秘訣」というお話をお聞きしました。

 

そもそも自信って何? 自信ってどうやって育つの? というところから、効果的な褒め方、叱り方 なんていうお話もありました。


その中から、私がこれは使えると思って実践していることがあります。

例えば、子どもが何かを作ったとします。もちろん、何を作ったのか本人はわかってはいますが、私は全くわからない。そんなときの「ママ できたよ!」という得意げな顔に対して、すぐに「これなに?」と言ってはいけません。こんな時は、まず、魔法のことばshine「できたね!」です。できたことは本当ですし、ウソではないですから。「これなに?」はそのあと聞いてあげてください。

 

この魔法のことばshine「できたね!」は、自分は受け入れられる(存在)という自己肯定感、ひいては自信につながるそうです。「かわいいね」「たいせつだよ」魔法のことばshine。幼少期のこのことばは、子どもの中にどんどん自信を生み、それは核となり将来の大きな力となるそうです。

 

私がこの内容を書こうと思ったのは、この魔法のことばshineは子どもにとってだけではなく、子育て中の保護者にとっても、少し心の余裕が持てる言葉ではないかと思ったからです。

 

「できたね!」と言った時の子どもの嬉しそうな顔happy01を見ると、あらためてハッsign01とさせられて、相手を受け入れる喜びを感じさせられます。そしてこれは、大人どうしでも同じかもしれません。両親がお互いに理解しあい、祖父母や地域に子育て層が受け入れられることで、より安心して子育てができるのではないかと思います。confident


 

補足ですが…

ちなみに効果的な叱り方について。

例えば宿題をできていないときは、「だらしがない」(←宿題していないくらいで)、「昨日もそうだった」(←昨日には戻れません)と言われても子どもは困るので、「宿題しなさい」など、それだけを具体的に注意することが大切です。

Author:ならコープCSR組織広報部 福祉・子育て担当  工藤

奈良県こども・子育て応援県民会議委員
保育園の年長の娘の子育て中です。

  • 奈良県の子ども・家庭に関するポータルサイト 子育てネットなら