1. ホーム
  2. 子育てに悩んだときは
  3. 父親の子育て
  4. お風呂にいれよう

お風呂にいれよう

生まれたばかりの赤ちゃんは、からだが、ぐにゃぐにゃとやわらかく、とらえどころがないもの。だっこする人がこわがっていると、赤ちゃんもこわがります。
自信を持って赤ちゃんとのバスタイムを楽しもう。入れるたびに楽しくなるゾ

育ての不安や悩みを解決するヒントがいっぱい!

お父さんも子育ての達人になるぞ! windows media player ブロードバンド用スタート windows media player ナローバンド用スタート real player ブロードバンド用スタート real player ナローバンド用スタート

コンテンツを見るにはリアルプレーヤー・メディアプレーヤーのプラグインが必要です。
MACをお使いの方はリアルプレーヤーでご覧下さい。

お風呂に入れよう

1. 準備をする
(授乳後30 分以内は入浴は避けた方がよい)。
2. お湯の温度を計る(40 度位)。赤ちゃんの服を脱がせたら、ガーゼや沐浴布で赤ちゃんを包み、足の方からそっとお湯に入れる。
赤ちゃんの頭の下に手を入れ親指と小指(または薬指等)で両耳を押さえ、腕に首と背中の一部をのせるようにし、反対側の手を股間に入れおしりを支える。湯船に入ると赤ちゃんは浮くのでおしりにあてた手をはずし、赤ちゃんを洗う。体にガーゼ等をかけてくるめば赤ちゃんは、安心する。もくよく
3. ガーゼを軽くしぼり、目頭、目尻、顔の順にやさしく洗う。
4. あごやわきの下、足の付け根、おしりのまわりなどくびれているところはていねいに洗う。
5. あごやわきの下、足の付け根、おしりのまわりなどくびれているところはていねいに洗う。
6. 頭とおしりを手で支え、体全体をお湯に入れて温め、最後にガーゼをはずしてかけ湯をする。
7. バスタオルで押さえるように水分を拭きとり、おむつをして衣服を着せる。袖を通す時手を引っ張らないよう注意。
8. バスタオルで押さえるように水分を拭きとり、おむつをして衣服を着せる。袖を通す時手を引っ張らないよう注意。

生後1 カ月ぐらいは感染予防のため、ベビーバスに入れた方がよい。特に、おへそがきれいにかわくまでは、じくじくした傷口から雑菌が入り炎症を起こす可能性がある。おへそがきれいになれば、おとなと一緒に大きなお風呂にはいれる。
遊べるぞ

お風呂上りに

奥の方の耳垢は自然に出てくるので、入り口部分だけガーゼや綿棒で水分をふく。赤ちゃんが動くと危ないので頭をしっかり押さえる。
入り口だけを綿棒でくるりと回してぬぐう。
※耳・鼻ともに奥まで入れないこと。
髪の毛
赤ちゃん用ブラシで軽くといてあげる。
おへそ
生後まもない赤ちゃんはおへそから感染しやすいので、へその緒が取れたあと、出血が見られる時は消毒を。おへそを親指と人さし指でしっかり開き、消毒用アルコールをつけたガーゼや綿棒で内側から外へひと筆描くようにふく。
赤ちゃん用の爪切りで、深爪にならないように爪のカーブにあわせて切る。

奈良県ホームページへ