1. ホーム
  2. 子育てに悩んだときは
  3. 父親の子育て
  4. 二人でする妊娠体操

二人でする妊娠体操

二人でする妊娠体操

お腹が大きくなってくると血液の循環が悪くなるので、肩こりや腰痛、足のむくみなどの症状が出てきます。そんな時に有効なのが妊婦体操やストレッチ。筋肉疲労や機能低下を防いで出産を楽に迎えられるので、ふたりでやってみよう!

足首のストレッチ つま先を前後に。
土踏まずをマッサージ。
腕のストレッチ 向かい合ってあぐらをかく。
手のひらを合わせて上下に押し合う。
腰の筋肉を伸ばす運動 向かい合ってあぐらをかく。
夫は妻の手を持ってゆっくり引っ張る。妻は息を吐きながらゆっくりと体を曲げ、息を吸いながら戻す。
猫のポーズ よつんばいになって下を向いた妻の腰とおなかを手ではさみ、妻は息を吸いながら背中を丸める。
次に妻は、息を吐きながら頭を上げて上体をそらす。
股関節の運動 妻は仰向けに寝て両膝を立てる。
夫は妻の腰を固定させ、妻はゆっくりと息を吐きながら膝を開き、息を吸いながら閉じていく。

つらい時にはやさしくマッサージ

背中、腰がつらいとき 手のひらで上から下へ、やさしくマッサージして温める。
足がむくんでいる時 土踏まず、ふくらはぎ、足の付け根などを下からマッサージ。
下腹部がはってつらい時 腰骨を中心に、手のひらで左右にさする。ある程度強めにさする方が効果的。
腰痛をやわらげるマッサージ」もイイヨ

タバコと酒の害から赤ちゃんを守ろう

妊娠したら、飲酒は控えさせよう。妊娠中、習慣的・慢性的にお酒を飲むと、赤ちゃんに障害が出ることがある。ほんのひとくちをたまにぐらいは問題はないとされているようだ。なお、アルコール好きの妻の前で、夫が「うまい!」とおいしそうに飲むのは禁物。
タバコ
妊娠中は絶対禁煙。やめさせよう。ニコチンが血管を極端に収縮させるので胎児への血流が悪くなる。妻の喫煙中、胎児は酸欠、低栄養状態にさらされる。そばで夫が吸うタバコの煙もよくない。この際きっぱりとやめてみては。

奈良県ホームページへ